小田急線・南武線 登戸・向ヶ丘遊園の新築一戸建て 不動産 CENTURY21 ホームライフ

電話番号
電話番号 0120-865-021 営業時間 9:00-20:00
定休日
・毎週水曜日
・毎月第一&第三火曜日

30分で500万円得するご提案

AさんとBさんの住宅購入事情を比較してみましょう

Aさん:物件価格が2,800万円、総支払額は5,000万円。Bさん:物件価格が3,000万円、総支払額は4,800万円。

住宅ローンについて事前に考えたかどうか?(例:400万円差)

AさんとBさんの違い

「住宅ローンを組む前に、しっかりと検討・考慮したかどうか?」

ファイナンシャルプランナーのアドバイスを元に事前に住宅ローンのシミュレーションを行い、ライフプランを設計したBさんは、漠然と住宅ローンの審査が通った銀行のうち金利の安いところを選んで支払いを続けたAさんより、人生のトータルで400万円も得する結果となったのです。

わかリやすくするために簡易的な表現をとっていますが、これは決して大げさなことではなくて、実際に細かな検討をするのとしないのとでは数百万単位で違いが出てくるのです。

無料FPシミュレーションを活用する(30分)

住宅購入は、戦略を持つか否かで人生キャッシュフローにおける影響が数百万単位で変わってきます。 FP個別相談でわかること 1 無理のない毎月の返済額から最適な予算を検討 2 借入れ可能な総額の試算 3 人生キャッシユフローで考える購入に最適な時期 4 賃貸のコストと購入のコストを比較 5 賃貸と購入でキャッシユフロー以外のメリット、デメリットを診断 6 住宅ローン減税の控除額試算(お薦め!2分間で出来ます) 7 優良住宅取得支援制度を活用した住宅ローン相談(メリット大) B 返済総額を圧縮するための繰上返済計画について相談 9 年金の受給金額について試算 10「住まいと人生のキャッシユフロープランニング作成(※要事前予約) また、住宅口ーンに関する様々のことをグラフや表などに 「見える化」もできますので、お気軽にご相談ください。

ファイナンシャルプランニング

「知っているだけで数百万円の得をして、知らないだけで数百万円の損をすることも」

住宅購入は、戦略を持つか否かで人生キャッシュフローにおける影響が、数百万単位で変わってきます。
「何となく住宅ローンを組んだ人」と「事前に十分な検討を行って住宅ローンを組んだ人」では、人生キャッシュフローにおける“支出”は本当に、数百万単位で変わります。

人生キャッシュフローにおける可処分所得を最大化するために

「FP相談は、買う・買わないは全く関係ありません。」

自分にとって有利だと思って取っていた行動が、実は「逆効果」ということは頻繁にありえます。
「買う、買わない」は全く別としてファイナンシャルプランで現状を“見える化”しませんか?
FPシミュレーションは、現状を客観的に整理して、将来、自分にとって有利な判断をしていくための情報を得ることが目的です。
判断基準を得て頂くことで、お客様の「後悔のない最適な住宅購入」に貢献できれば幸いです。

説明図
FPシミュレーションの“見える化” 例1

今買うのがいいの?それとも頭金を貯めてからがいいの?

借入総額3,000万円、返済期間35年の場合、フラット35(2.5%固定)と変動金利(1年目~1.5%、11年目~2.5%、21年目~3%)で総返済額はどの程度違いが出るのか?

見える化 例1

※画像をクリックすると拡大します。

FPシミュレーションの“見える化” 例2

フラット35と変動金利での総返済額の違い

借入総額3,000万円、返済期間35年の場合、フラット35(2.5%固定)と変動金利(1年目~1.5%、11年目~2.5%、21年目~3%)で総返済額はどの程度違いが出るのか?

見える化 例2-1

フラット35を利用で借入総額3,000万円の方が、2年に1度50万円ずつで総額250万円を繰上返済(期間短縮型)した場合と、繰り上げ返済をしない場合で、総支払額と返済期間はいくら変わるか?

見える化 例2-2

※画像をクリックすると拡大します。

FPシミュレーションの“見える化” 例3

過キャッシュフロープランニング

人生の三大支出と言われる、「住宅費用」「教育費用」「老後費用」、その他、生活費や退職金、年金、 パートなどの収入も含めて、人生の収支(預貯金)シミュレーションを作成します。
例えば、家庭によって月の生活費も車や趣味にかけるお金も様々ですし、お子様が公立の学校に行くか、 私立にいくかでも支出は大幅に変わります。また、奥様が専業主婦だとして、お子様の手が離れた5年間 パートに出るだけでも収支バランスはかなり改善されたりします。
各ご家庭の状況を踏まえたシミュレーションを行い、そこに改善提案を行うことで、お客様にご安心、 ご納得頂きながら、購入時期の前倒しや、予算上限の引き上げを行っていくメニューになります。

見える化 例3

※画像をクリックすると拡大します。

メールでのご相談はこちら