小田急線・南武線 登戸・向ヶ丘遊園の新築一戸建て 不動産 CENTURY21 ホームライフ

電話番号
電話番号 0120-865-021 営業時間 9:00-20:00
定休日
毎週 火・水曜日
(最終週の火曜は営業)

土地のメリット・デメリット

建てる前に知る 不動産購入 土地購入のメリットデメリット

この記事の概要
戸建てを建てるなら土地から選びたい!
理想のデザイン、使いやすい間取りにしたい!
⼀生に⼀度の大きな買い物だからこそ、自分の思うような理想を追求したいですよね。
住宅探しをされる人の多くは、理想と夢を求めるために土地探しから始める人が多いです。
しかし、結果として土地を選択しなくなる人も多く、「建売を探します」という声も聞きます。
⼀体なぜ、土地ではなく建売を選ぶ人がいるのでしょうか?
その疑問は土地のデメリットについて着目すると見えてきます。
まずは、土地のメリット・デメリットについて比べてみましょう。

土地4つのメリット

メリット1 自由度の高い家作りができる

メリット1 自由度の高い家作りができる イメージ

注文住宅の最大のメリットは、自由度が高い家作りができる事です。
建売住宅は間取りやデザインが決まってしまっているため、細かいニーズに対応する事ができません。
その点、注文住宅はオーダーメイドのため、間取りや外観、仕様といったすべての事柄において自由度が高いといえます。
また、希望メーカーの設備を入れたり、外構工事にもこだわりを盛り込む事も楽しみの⼀つです。
まさしく、「理想の我が家」に近づく選択肢といえます。

メリット2 オリジナリティある家ができる

メリット2 オリジナリティある家ができる イメージ

ほとんどの建売住宅では、分譲メーカーのコンセプトが間取りやデザインに反映されています。
⼀方、注文住宅は間取りの設計、外壁、屋根形状など、施主の好みに合わせた家作りができるため、周辺の家と違うオリジナル感が生まれます。
「世界に⼀つのデザイン」
これが注文住宅の満足感につながります。

メリット3 家が完成していく工程を確認できる

メリット2 オリジナリティある家ができる イメージ

注文住宅は土地からの設計になるため、土地の段階から家が完成するまでの全ての工程を見て確認することができます。
土地の土台作り、上棟、設備の設置などの工事過程を見て楽しめます。
また、工事する人たちとのコミュニケーションがとれる事で「我が家を作ってくれる人たちが見える」という安心感があります。

メリット4 建築会社との関わりが多い

メリット2 オリジナリティある家ができる イメージ

建売住宅との違いは建築会社との関わりが多いことです。
建売住宅の場合、分譲会社と会う機会は契約・完成立ち会い・引き渡しの3回となります。
⼀方で注⽂住宅については、沢山の打ち合わせにより建築会社とコミュニケーションをとる機会が非常に多くなります。
それゆえに「建築会社と消費者という立場以上の関係」になる事が安心と信頼感につながります。

土地4つのデメリット

デメリット1 建売よりもコストがかかる

デメリット1 建売よりもコストがかかる イメージ

注文住宅は建売住宅とは違い、全てにおいてオーダーしていくので建築側の作業工程も多く、部材や設備もメーカーへの個別注文となるためコストが高くなっていきます。また、土地購入においては古い家屋が現存していれば「建物解体費」がかかりますし、そこで水道管、下水管などのインフラを整える費用、建物建築前の地盤調査費用、地盤補強が必要であれば地盤改良費、外構工事は建物代金とは別支払いなど、建売住宅であれば全てコミコミパックとなっている事も、注文住宅では全て建物代とは別費用でかかってきます。
さらに、「せっかくだから」という気持ちで追加オプションも増えてしまうこと⼀般的です。

デメリット2 完成するまでに時間がかかる

デメリット2 完成するまでに時間がかかる イメージ

建売住宅は完成時期がずれることが少なく、引越しまでの予定組が立てやすいです。
しかし、注文住宅は“設計相談”に時間を要することが多い事と、色選び、オプション選びなどにも時間がかかってしまうのが普通です。普段、決断力がある人でも「⼀生に⼀度の買い物」と思うと決定までに時間を要してしまうものです。
「この時期までに引っ越したい」と思っていても、その通りにいかない可能性も十分考えられます。

デメリット3 土地探しが難しい

デメリット3 土地探しが難しい イメージ

意外とイメージしづらい事かもしれませんが、「土地探し」は根気が必要です。
その理由としては、立地の良い土地は「建売」として建築されることが多いからです。
土地探しをするうえでは、建売にならなかった土地を根気強く探さなければなりません。
また、学区限定などで探している人は長期戦になる事も珍しくありません。
そのことが原因で、最終的に「建売を購⼊する」という選択肢をとる人も多いです。

デメリット4 完成後のイメージが湧きづらい

デメリット4 完成後のイメージが湧きづらい イメージ

注文住宅を依頼する中で、最近は「立体CGパース」でイメージ作りができるようになりました。
外観、室内、設備に至るまで光の計算までしてくれる優れものですが、正直、細部の質感までは表現ができません。
あくまである程度の室内空間、色合い、採光で意思決定する必要があります。
完成まで見届けられる楽しみもありますが、同時に不安も抱える場合もあります。

まとめ

注文住宅は自分の家に対する「ワガママ」を最大限にぶつける手段となります。
よくある話ではありますが、設計中にご夫婦の関係がもつれてしまう事もあるくらいです。
また、出来上がったら建売と同じような間取りや外観という結果も多く見かけます。
理想と引き換えに「コストと時間と精神力」を要する注文住宅は、“こだわりが明確化できている人” にこそお勧めできる手段かもしれません。

お気軽にご相談ください! 営業時間9:00~20:00 定休日 毎週火・水曜日(最終週の火曜は営業) メールでのご相談はこちら