小田急線・南武線 登戸・向ヶ丘遊園の新築一戸建て 不動産 CENTURY21 ホームライフ

電話番号
電話番号 0120-865-021 営業時間 9:00-20:00
定休日
・毎週水曜日
・毎月第一&第三火曜日

住宅ローンの融資可能額

  • 頭金とローンのバランス
  • 住宅ローンの融資可能額
  • 収支合算で借入額を増額
  • 住宅ローンの組み合わせ
  • 住宅ローンの返済方法
  • 住宅ローンの金利の種類
  • 住宅ローンのボーナス返済
  • 住宅ローンの繰り上げ返済
  • 住宅ローンの借り換え
  • 住宅ローンの諸費用
  • 申込時の必要書類

住宅ローンの融資可能額とは?

宅ローンには、金融機関で異なりますが、「いくらまでなら貸してもらえる」という融資限度額があります。
大きく分けて融資限度額は、物件による制限(担保価値)と借入者の収入による制限の2つがあり、いずれか低い方が融資額の上限となります。
言い換えるなら、両方の制限に引っかからないことが条件と言えます。

物件による制限

間の金融機関では一般的には購入金額や物件評価額の9〜10割程度となっています。
ローンによっては新築に限定されているものなどもあります。なお、借換えの場合には担保価値の200〜300%まで融資可能なローンもあります。
フラット35の審査は、マンションの場合は専有面積が50m²以上280m²以下、一戸建ての場合は床面積80m²以上280m²以下、敷地面積100m²以上など、物件そのものの条件が厳しくなっています。まずは融資対象物件となるかどうかを確認しましょう。
また、建物の規模、エリアによっても融資上限額が異なります。

収入による制限

入による制限は、大きく分けると年収が400万円以上あるかどうかによって審査の基準が変わってきます。
また、会社員か自営業者(個人事業主)によっても大きく左右されます。
収入による制限を広げる方法として、配偶者や親、子など同居予定の家族との収入合算があります。

融資可能額の例 (融資期間35年)

年収 350万円 融資可能額 2,275万円
年収 400万円 融資可能額 2,600万円
年収 450万円 融資可能額 3,375万円
年収 500万円 融資可能額 3,750万円
年収 550万円 融資可能額 4,125万円
年収 600万円 融資可能額 4,500万円
年収 650万円 融資可能額 4,875万円
年収 700万円 融資可能額 5,250万円

金利と返済期間によっても融資可能額はかわる

利や返済期間、家族構成などによっても融資可能額と返済可能額は違ってきます。
毎月返済額は将来にわたって無理のない金額か、返済期間は老後の生活に影響を与えないかなども考慮した上で、借入額を決めるようにしましょう。
センチュリー21ホームライフでは土曜日、日曜日、祝日に住宅ローン無料相談会を開催しております。
数ある住宅ローンの商品からお客様に合わせた長期的な視点でのご提案をさせていただいております。

メールでのご相談はこちら